成分の詳細


タンパク質
タンパク質は肌や髪、爪、血液、内臓、骨、酵素、神経伝達物質などをつくるために必要で、健康で綺麗になるために不可欠。

また、各ホルモンの原料でもあり、不足すると免疫力にも影響が出ることもあります。
これが不足してしまうと健康で綺麗な身体づくりは難しく毎日不足しないことが大切です。


“イメージ”
水溶性食物繊維
便をゲル状にして送り込む働きや、水溶性食物繊維は短鎖脂肪酸となり腸のエネルギー源になるため、不足すると便秘になりやすい。

また、不溶性食物繊維に比べて不足しやすい食物繊維であり、食物繊維の総量が足りていても不溶性に偏ることで便秘を誘発することがあります。

腸内環境を改善するために重要なものですが、不足しがちな成分です。


“イメージ”
マグネシウム
300種類以上の酵素の活性化に不可欠なミネラル。

そのため、エネルギー産生や糖質の代謝、タンパク質の合成などにも重要。ミネラルの中では健康で綺麗になるためには特に大事なものにもかかわらず男女ともに不足しがちな成分。

50~60%は骨と歯に存在し、マグネシウムはカルシウムを骨と歯に定着させる。
そのため、カルシウムだけ摂っていればよいわけではなく、マグネシウムもカルシウムに合わせて重要になる。

理想は「カルシウム:マグネシウム=2:1~2」


筋肉の痙攣などにもカルシウムを調整するマグネシウムが必要。

脚(足)が攣りやすい人はマグネシウム不足があるかも。
マグネシウム不足は便秘やむくみなどの要因にもなりえます。


“イメージ”
    
カルシウム
筋肉や内臓を動かすために必要なミネラルで、神経の安定などにも関わります。

また、カルシウムの99%は骨や歯に存在し、骨や歯をつくり丈夫にする役割もある。

不足すると骨粗鬆症や高血圧、動脈硬化などの原因にもなりえるが、マグネシウムの項目でも書いているとおりカルシウムだけでなくマグネシウムも並行して摂る必要があります。


“イメージ”
    
亜鉛
タンパク質の合成や血糖値を下げたり、筋肉の合成に関わるインスリン、性ホルモンなどの合成や分泌に関わる重要なミネラル。

先ほど挙げたタンパク質に深く関わるミネラルであり、この亜鉛も健康や綺麗になるために重要なミネラルです。


“イメージ”