木製のプレートは陶器のプレートと比べ、耐久性や軽さなどの良い点はあるものの、 使い方次第でダメージを受けやすいもの。
ながーーーーくお使いいただくために気を付けて欲しい事なのでぜひ読んで下さい。




電子レンジには入れない

絶対にやってほしくないのがコレ!発火する事もあるので特に注意が必要です。
木の水分や空洞がレンジの熱によって膨張し、ひび割れや焦げの原因になります!


食洗器は使わない

急激な温度変化によりひび割れや変形を起こしやすくなるよ。


冷蔵庫は避ける

木製食器は、温度変化にとても弱い。冷蔵庫に入れると急激に乾燥するため、ひび割れや塗装が落ちる原因になります。


揚げ物や高温の食材は避ける

塗料がはがれる原因となります。揚げたてのモノは少し冷ましてから乗せて下さい。
耐熱温度:150度


硬いものでこすらない

硬いものでこするとキズが付く恐れがあります。


水の中に長時間放置しない。

塗装の剥離、変形や変色の原因にもなるので注意してね








さてさて、ひび割れや色落ちを防ぐためのちょっとしたコツを教えるよ!




使ったらすぐ洗って、乾燥させる

木製食器は天然素材からできているので、他の材質の食器に比べ臭いや汚れなどを吸収しやすいのです。
使った後は、食器用洗剤などですぐに洗って、布巾などで水分を拭き取り、しっかり乾燥させることが大切です。
直射日光に当てるとひび割れの原因にもなるので、必ず日陰で干すようにしよう。


乾燥してきたら・・・

長く使っていると、表面が乾いてツヤがなくなってくることがある。これは、表面の油分が足りなくなってきているというサイン。
「乾燥してきたな」と思ったら、オイルを使ってお手入れがおすすめです。
オリーブオイルなど少量とり、キッチンペーパーなどでふき取るようにして薄く伸ばして広げます。
もし表面がガサガサしているなど乾燥状態がひどいようならば、オイルを塗る前にサンドペーパーなどで気になる部分を磨いてから、
オイルを塗布してください。


匂いが気になる場合は

熱や摩擦で塗料がはがれた場合には、においを感じる事があります。
健康に影響はないのでご安心下さい。
しばらく空気に触れさせてあげると改善します。
それでも気になる場合はお問い合わせ窓口にご連絡下さい。




めんどくさいなんて言わずに、可愛がってやって下さい
どうぞ孫の代まで・・・






木製のプレートは陶器のプレートと比べ、耐久性や軽さなどの良い点はあるものの、 使い方次第でダメージを受けやすいもの。
ながーーーーくお使いいただくために気を付けて欲しい事なのでぜひ読んで下さい。



電子レンジには入れない

絶対にやってほしくないのがコレ!発火する事もあるので特に注意が必要です。
木の水分や空洞がレンジの熱によって膨張し、ひび割れや焦げの原因になります!


食洗器は使わない

急激な温度変化によりひび割れや変形を起こしやすくなるよ。


冷蔵庫は避ける

木製食器は、温度変化にとても弱い。冷蔵庫に入れると急激に乾燥するため、ひび割れや塗装が落ちる原因になります。


揚げ物や高温の食材は避ける

塗料がはがれる原因となります。揚げたてのモノは少し冷ましてから乗せて下さい。
耐熱温度:150度


硬いものでこすらない

硬いものでこするとキズが付く恐れがあります。


水の中に長時間放置しない。

塗装の剥離、変形や変色の原因にもなるので注意してね





さてさて、ひび割れや色落ちを防ぐためのちょっとしたコツを教えるよ!



使ったらすぐ洗って、乾燥させる

木製食器は天然素材からできているので、他の材質の食器に比べ臭いや汚れなどを吸収しやすいのです。
使った後は、食器用洗剤などですぐに洗って、布巾などで水分を拭き取り、しっかり乾燥させることが大切です。
直射日光に当てるとひび割れの原因にもなるので、必ず日陰で干すようにしよう。


乾燥してきたら・・・

長く使っていると、表面が乾いてツヤがなくなってくることがある。これは、表面の油分が足りなくなってきているというサイン。
「乾燥してきたな」と思ったら、オイルを使ってお手入れがおすすめです。
オリーブオイルなど少量とり、キッチンペーパーなどでふき取るようにして薄く伸ばして広げます。
もし表面がガサガサしているなど乾燥状態がひどいようならば、オイルを塗る前にサンドペーパーなどで気になる部分を磨いてから、
オイルを塗布してください。


匂いが気になる場合は

熱や摩擦で塗料がはがれた場合には、においを感じる事があります。
健康に影響はないのでご安心下さい。
しばらく空気に触れさせてあげると改善します。
それでも気になる場合はお問い合わせ窓口にご連絡下さい。


めんどくさいなんて言わずに、可愛がってやって下さい
どうぞ孫の代まで・・・