日焼け止めの
「ノンケミカル」とは




日焼け止めの表記で「ノンケミカル処方」
見かけたことはありませんか?
今回は、「ノンケミカルとは実際どういうことなの?」
というご質問にお答えします。







ノンケミカル=
紫外線吸収剤が
入っていない

紫外線を防ぐ成分は大きく2つに分けられ、
紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」があります。

吸収剤のことを「ケミカル」と呼ぶ場合があり、
反対に、日焼け止め成分として吸収剤が入っていない
散乱剤だけが使われているものが「ノンケミカル」
呼ばれています。


[ あわせて読む ]
日焼け止めの選び方



ケミカル=化学物質 と聞くと少し怖いイメージですが、
紫外線吸収剤は、伸びがよく白浮きもしないため、
多くの日焼け止めに使われている成分で、
普通肌の方にとっては特に避ける必要はないものです。

けれども敏感肌の方の中には合わない人もいるため、
日焼け止めで肌トラブルを感じる場合は、
ノンケミカル処方」を選んでみましょう。







紫外線散乱剤の種類

ノンケミカルと呼ばれる散乱剤には、主に2つの成分
酸化亜鉛」と「酸化チタン」があります。



酸化亜鉛


酸化亜鉛の良い点は、
幅広い紫外線の波長に対応して、ロングUVAにも
日焼け止め効果があり、白浮きしにくいところです。

気をつける点としては、
酸化亜鉛のアレルギーがある方には合わない可能性があること。
皮脂の成分と反応して固化するため、毛穴詰まりの原因になる場合があることです。





酸化チタン


酸化チタンの良い点は、
低刺激性にとくに優れているところです。
金属アレルギーも出にくいのも安心なポイント。

気をつける点としては、
ロングUVAと呼ばれる紫外線には対応できないこと、
酸化亜鉛に比べ、高い紫外線ブロック効果のある
日焼け止め製品を作りにくいことが挙げられます。


[ もっと詳しく ]
かずのすけブログ





CeraLaboは
酸化チタンを採用!


CeraLabo製品では、さまざまな成分の長所や短所を
研究した上で、敏感肌や幅広い肌質の方に
使っていただけることを目指し、日焼け止め成分には
「酸化チタン」のみを採用しています。




関連商品



セラネージュ
ハイエンドカバー
UVベース


日焼け止め成分は「酸化チタン」のみで
SPF50+/PA++++
高い紫外線ブロック効果をもった
夏にぴったりの化粧下地です。







セラネージュ
UVクリーム


SPF30・PA+++の日焼け止め効果があり、
優しい洗顔料でも落としやすいUVクリームは、
毎日の紫外線ケアにぴったりのアイテムです。







セラネージュ
ナチュラルカバー
リキッド


敏感肌に配慮した成分処方で
SPF26/PA+++のリキッドファンデーション。
くすみや毛穴を自然にカバーします。







セラネージュ
ナチュラル
フィットパウダー


UV下地やファンデーションの持ちを高める、
自然なツヤと軽いつけ心地のパウダー。
他のセラネージュシリーズと併せてお使い
頂くとより効果的です。