冬の肌を守る方法とは




一段と冷え込む季節がやってきましたね。
乾いた空気と低気温で
お肌の乾燥、冷えによるハリ不足
も気になってしまうこの頃。

スキンケアを見直して、
ふっくら潤う素肌を守りましょう。





皮脂が少なくなる分
「洗いすぎ」に注意


皮脂などが混ざり肌表面に形成される「皮脂膜」は、
肌の水分蒸発を防ぐ天然の保湿機能ですが、
皮脂や汗の分泌が少なくなる冬は、
皮脂膜も不足しがちなのです。

乾燥を防ぐためには、保湿ケアをがんばる前に
まず肌本来の保湿成分を洗いすぎないことが大切。

やさしい洗浄力の洗浄剤を選びましょう。






乾燥で肌バリアも
乱れがちに


冬は気温・湿度が下がることで、
肌のバリア機能をもつ角質の
水分量が年間で最も少なくなります。

そのため角質内の構造も乱れ、
バリア機能もうまく働きづらい状態に。









健やかな肌の鍵は
「セラミド」


角層構造の乱れを正常に戻すためには、
肌バリアを助ける成分「セラミド」
入ったスキンケアを使うことが効果的です。

セラミドを毎日補給することで
バリア機能を安定させて、多少の乾燥や
刺激があっても荒れにくい肌の維持を目指しましょう。




冬のおすすめアイテム


今回は、CeraLaboの中から、
冬の乾燥に負けないための
洗浄剤・高保湿アイテムをご紹介します。




セラヴェール
スキンウォッシュ
インデュース

▲商品ページで見る▲


セラヴェール
スキンウォッシュ
エクストラ

▲商品ページで見る▲


肌本来の保湿成分を落としすぎない設計の、
やさしい洗浄力の洗顔・ボディ兼用ソープ。

■インデュース…やさしい洗浄力の「さっぱり」タイプ。
■エクストラ…更にやさしい洗浄力の「しっとり」タイプ。






セラキュア
スキンクリーム

▲商品ページで見る▲


セラミド*¹の他、天然由来のオイル*³を
豊富に配合した伸びのよい保湿クリーム。

お肌にすっとなじむ、べたつきが残らない使用感で
ハンドクリームや全身の乾燥ケアにもおすすめです。






セラキュア
エッセンス

▲商品ページで見る▲


セラキュアローションよりセラミド*³を
約3倍の濃度で配合した美容液が
肌バリアのサポート機能を高めます。

高保湿ながらノンオイル処方のため、
油分でニキビが出やすい肌質の方にもおすすめです。
かさつきやすい唇や、目元の小じわ対策のポイント使いにも◎






セラキュア
フェイスクリーム

▲商品ページで見る▲


セラキュアローションよりセラミド*³を
約5倍の濃度まで高めた保湿クリームで、
低刺激かつ、たっぷりのセラミド補給を叶えます。

肌内部の水分を逃さないオイルシール効果も合わせ持つ
フェイスクリームは、乾燥荒れのお助けアイテム。
しっとりとハリのある肌に導きます。




*¹ セラミドNG、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP、セラミドAG、フィトスフィンゴシン
*² マカデミアナッツ種子油、ホホバ種子油、スクワラン
*³ セラミドNP、セラミドAP、セラミドNS、セラミドNG、セラミドEOP、セラミドEOS、セラミドAG、カプロオイルスフィンゴシン、カプロオイルフィトスフィンゴシン、フィトスフィンゴシン、グルコシルセラミド、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)







Page Top 矢印