NMF(天然保湿因子)と肌の仕組み




NMF(天然保湿因子)というと
聞きなじみのない方が多いかもしれません。

実はNMFは、健やかな肌に最も大切な成分のひとつ。
今回は肌の仕組みと共に、その機能についてご紹介します。





肌が作り出す、天然の保湿剤


肌が作り出す、天然の保湿剤 NMFとは、角層細胞の中に存在する
アミノ酸や乳酸、尿素などの
保湿成分の総称のこと。

「Natural Moisturizing Factor」を略した言葉で
「天然保湿因子」とも呼ばれています。

NMFは水と結合すると、
とても蒸発しにくい水になる性質があり
角質の水分を抱え込むようにして
肌のうるおいを保ちます。






肌のうるおい&バリアに大切な3要素


肌に本来備わっている
保湿成分をつくり、角質内に水分を
蓄えておく役割をもつのが、
角層の「NMF(主成分:アミノ酸)
細胞間脂質(主成分:セラミド)」と
皮脂膜(主成分:油脂)」の3つの要素です。







NMF


水分を抱え込むことで、角層のうるおいを保つ



細胞間脂質


細胞同士のすき間を埋めて水分の蒸発を防ぐ。
また、刺激物質の侵入を防ぐ。



皮脂膜


角層にフタをし水分の蒸発を防ぐ。
皮膚表面を弱酸性に保ち、雑菌等の繁殖を防ぐ。






健やかな肌を守る3ステップ


前項の3つの成分は、それぞれ違う働きをするため、
どれも欠かすことが出来ません。

肌のうるおいを保つ機能をサポートするため、
どの成分がご自身の肌に足りないかを見直して、
下記3ステップのスキンケアを心がけましょう。




STEP 01

肌がつくる保湿成分を洗い落としすぎない、
適切な洗浄力で洗うこと



STEP 02

角質に、NMF・セラミドを補給すること



STEP 03

乾燥が気になる時は、肌なじみの良い
油分もプラスして保湿すること






おすすめアイテム


CeraLaboから22年1月に新発売する
「セラキュア センシティブジェリー」は、
「NMF*¹&セラミド*²*³」の2つの
肌バリアサポート成分を補給出来るアイテム。

詳細は、開発者かずのすけのブログをチェックしてみてください。




セラキュア
センシティブジェリー

▲紹介ブログを読む▲




*¹NMF=ベタイン、PCA-Na、グリシン、セリン、グルタミン酸、アスパラギン酸、ロイシン、アラニン、リシン、チロシン、フェニルアラニン、トレオニン、プロリン、バリン、イソロイシン、ヒスチジン、アルギニン 保湿成分として *²ヒト型セラミド=セラミドNG、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドEOP エモリエント成分として *³セラミド類似体=フィトスフィンゴシン、グルコシルセラミド エモリエント成分として